過敏性早漏克服術にはプリリジー

プリリジーは早漏治療薬として、新しいタイプの医薬品になります。
プリリジーの他には、勃起不全に効く成分が一緒に配合された薬がありますが、プリリジーには抗うつ剤のダポキセチンが配合されており、脳内物質のセロトニンを増やして、興奮を抑える作用があります。
よって、プリリジーは過敏性早漏に向く薬といえます。
過敏性早漏とは、男性器が女性の皮膚や粘膜に過敏に反応してしまうタイプの早漏のことを指します。
包茎であったり、性行為の経験が浅い男性に、過敏性早漏の症状が出やすいとされています。
過敏性とは別に、心因性の早漏も多く見られます。
どちらかといえば心因性の方が多いといわれていますが、過敏性の悩みがもとになって、心因性に移行する、もしくは両方の原因を抱えている場合もよくあります。
敏感性の早漏を改善するには、プリリジーに頼る以外にも、克服術がありますので、チャレンジしてみましょう。
自分でできる克服術には即効性はありませんが、基本的にお金がかからないため、どんな人でも実行できるよさを持っています。
克服術として有名なのが、射精の寸前で男性器を掴み、止めてしまうという方法です。
やり方には様々ありますが、あまり神経質に実践すると、心因性の早漏を悪化させる恐れがあるため、気軽な気持ちで始めるのがよいでしょう。
自分自身の手で行ってもよいですが、慣れてきたら女性の手で行ってもらうと、さらに鍛えられます。
また、性行為の数時間前に、自慰行為を行うのも、早漏対策として役立ちます。
克服術を試しても、初めての性体験や女性であると、興奮して早漏の状態に陥るのは、何も珍しくはないことです。
あまりくよくよせず、女性と協力しながら徐々に克服していくのが大切です。